想いの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 淋しさの薬

<<   作成日時 : 2007/12/23 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


淋しさはどうやって埋めたらいいのでしょう。

決して埋まる事は無いのでしょうか?

私は恋人が欲しいのか…パパの代わりが欲しいのか?

そんな事を想いながら…
何だか…いつの間にか…気持ちが…がんじがらめになってる様な気がする。

自分から解放されない。

苦しい…。

一人を気楽と受け入れようか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
めだかさんへ
辛いでしょうがひとつだけ。。。
涙で寂しさをうめるのは止めて欲しい。。。
あまりに切なく悲し過ぎるから。。。
マー
2007/12/25 05:51
めだかさんへ
↑削除して下さい。やっぱり泣かないで
っていうほうが酷です。申し訳ありません。
マー
2007/12/25 06:11
淋しさに効く薬はどこに売ってるんでしょうかね。
家族の中にいても時々は埋めきれない淋しさもあります。
家に入る前の職場はとてもいい人達に恵まれて(もちろん嫌な人もいますけれど。笑)そういうのがもうないんだなという淋しさが私の中にはあります。

きっと、みかんさんの淋しさとはまた違う物かもしれないけれど。
嫌な人と出会う方が多かったとしても、やっぱり人と関わっていることが、一時でも淋しさを埋められる時間なんじゃないのかな? とブログを始めてから特に私は思います。
パパさんの代わりと思ってしまうよりも、そこを超えてみかんさんの人と関わっていける勇気を応援します。(^^)
みかんさんの求めてる答えとはチョット違うかもしれないけれど・・・・
さつき
2007/12/25 12:04
私も今までは、一人でも平気って思っていたけれど、皆と知り合って、ブログを通して思ったことは、私は本当は寂しいのだろうなぁって。
どうしたら、いいのかは分からないけれど、必要な時に必要な事が起きると思うから・・・
強く、願って、想うこと・・・なのかもしれない。

2007/12/27 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
淋しさの薬 想いの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる