想いの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 私って・・・。

<<   作成日時 : 2007/06/08 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

私だって、きっと使命があって
この世に生まれてきたんだよね

私は望まれて生まれて来たのだろうか?
私が生まれて・・・・
両親は私を手元で育てる事よりも仕事を取った。
両親は東京で仕事をしながら暮らし・・・
私は鹿児島の祖父母の元に預けられた。
「う〜ん・・・疑問だぁ

そして3歳8ヶ月違いの弟が生まれた時に
東京に呼び戻された訳だが・・・・・。

周りの人たちも、両親も弟の誕生を喜んでいる。
いきなり帰って来たって・・・私の居場所なんてみつからなかった。

そのまま、私は親に甘えるって事ができないまま
育っていった訳で・・・・・
家にいる事・・・家族といる事は・・・
私にとって、ホッとできる場所ではなかった。

「いつか、幸せになれるんだろうなぁ
そんな風に思いながら、育っていった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうでしたか…4歳近くては、もういろんなことがわかってしまいますね。
しかも、おばあちゃん子というか、大人の中で育ってしまった、しかも長女というのは、大人の感情がわかりすぎるくらいわかちゃうんだと思いますよ。

おじいさん、おばあさんも一生懸命子育てしてくださったでしょうが、赤ん坊で無くなった時点で余計に親が恋しかったでしょうね。
娘としては、親の勝手にも思えますが、ご両親も、東京で暮らす上で、みかんさんのことを考えての決断だったと私は思いますけれど。

じゃあ、ご主人と出会えた時は、とても幸せを感じたんでしょうね。
さつき
2007/06/11 13:08
そうなんです!
主人の傍が私の唯一の居心地のイイ場所でした。
だから・・・「普通って幸せな事だなぁ」
な〜んて毎日幸せを感じていました。

頼れる人が傍にいるって事が
すごく安心で・・・・。
だから余計に主人が急に居なくなって
私の人生も終わったと思ったの。
母は「私にはお父さんがいるからあんたのきもちはわからないから・・。」と言って気持ち寄り添ってはくれませんでした。そして、更に親には心を閉ざしました。今も閉ざしているままかなぁ・・。
私の心はいつになったら
また暖かくなるんだろう?
みかん
2007/06/11 21:27
お母様はそんなことを言われたんですか…
取りようによっては、いろんな意味にとれないこともないですが、娘としてはショックかもしれませんね。
でも、ちゃんと忘れ形見がいますから、一人じゃないですよ。

みかんさんがみかんさん家の暖かい新しい歴史を作っていけば良いんだと思います。
みかんさん→子供→孫→と
まだ、先でしょうが、次に大きな暖かい物をくれるのはお孫さんかな。笑
そこまで行く間に、きっとみかんさん自信が成長されていくと思いますけれど。(^^)
さつき
2007/06/12 15:18
さつきさんありがとう。
確かに私の心は育って無いように思います。

大人じゃないなぁ・・・。
って感じたりもしています。

母には期待して
何度と無く裏切られて・・・
裏切られるのが恐くて
自分から怖気づいてるんだと思います。

母も可哀想なのかもしれないですね。
私が娘からそんなふうに思われたたら
すっごく寂しい。
でも子ども達に向かい合う気持ちは
誰よりも強かったと言う自信は
あるんだけどなぁ・・・笑

やっぱり、私は独りよがりの子どもですね。
みかん
2007/06/14 09:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
私って・・・。 想いの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる