想いの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘えたいさ・・・。

<<   作成日時 : 2006/06/06 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

今・・・女の人が働く事が当たり前になっている。
私も働いている訳だが・・・・・・。

私は、自分が小さい時に親に育てられていない。
仕事と子どもとの選択で仕事を取った母は、自分達夫婦は東京で暮らし
私は鹿児島の祖父母の家に預けられた・・・。
そして、弟が生まれた3歳の時に呼び戻された・・。
しかし、母はずっと仕事を続けたし・・・
子どもの時からずっと・・・病気の時も一緒にいてくれた記憶は無い。
結婚して産後も「私は仕事があるから帰って来ても無駄よ!」と言われ帰らなかった。
とにかく、定年まで仕事をやり遂げた母である。
仕事人としては素晴らしいと思うが・・・・
私の心はきっと愛情に飢えていた・・・。

モチロン、両親に甘える事ができなかった。
自分の言いたい事が言える様になったのは、大人になってからだろうか・・?

父も母もとても厳しい人だったから、
昔とはいえ・・・門限も厳しくて大学生までは19時・・・。
働くようになって結婚するまでは21時だった・・・。
今・・・思えば管理している事が安心であり、仕事の邪魔にならなかったのかもしれない。
病気をすると、まずは叱られたから・・・咳など必死に我慢した。

そんなの守ってた方がおかしいって言われちゃうけど
守らないとその後の正座での2時間程の説教タイムが待っていた。
それを跳ね除けるだけの強さが・・・情けない事に私には無かった。

だから・・・私が心から甘えられるのはこの生涯主人だけ・・・。
主人と過ごした16年間(交際期間6年半を含めると22年間)は幸せだった。

今・・・・また・・・私は甘える場所が無くなった。
これって・・・私に与えられた運命なのだろうか?

でも・・・・「甘えたい!」
ホントはすっごく・・・・・甘えたい・・・・・・!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ずいぶん前の記事にごめんなさい。
ずーっとよくがんばっていたんですね。
私も親が(特に母親)がきびしく、いつも「どうして私だけ・・・」思春期の時は思っていました。友達にも「よくぐれないね。」なんていわれたりもしてました。でも、できないんですよね。親の力が強すぎて・・・。
だから、私も甘えるのがへたくそです。どうやって甘えていいのやら?とまず考えてしまいます。今はだいぶましになってきたと思いますが。

甘えたくても甘え方がわからない・・・。
私は大学で友達と遊べたし、働いてからは親が何も言わなくなったので、大分違うかもしれませんが少しだけわかる気がします。
だから、ゆっくりゆっくり元気になってくださいね。
モコマミ
2007/06/29 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘えたいさ・・・。 想いの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる